『百花繚乱』~One for all, all for one 一人は皆の為に、皆は一つの目的の為に~

令和元年度事業活動計画

  • HOME »
  • 令和元年度事業活動計画

令和元年度 土浦商工会議所青年部 基本方針


令和元年度会長
皆見 貞康

 2019年、新しい年号が始まり、我々土浦商工会議所青年部は200名近いメンバーで活動を行います。

そして、綱領、指針で掲げられている通り研鑽をし、教養を高め地域の礎とならなければなりません。
昨今、日本では人口減少、人手不足により我々中小企業にとって大変大きな問題となっております。
その中で、どう生き残っていくかを日々考えて過ごさなければなりません。

しかし、商工会議所の創始者、渋沢栄一翁が「民間の力こそが持続的な成長の原動力」であると述べております。
我々、青年部は自企業の為、そして地域の為に何ができるか今一度考え、行動に移したいと考えております。

今年度掲げたスローガン「百花繚乱」とは、色々な花が咲き乱れる事、転じて秀でた人物が多く出て優れた立派な業績がたくさん現れる事であります。
我々、青年部は青年企業家でもあります。その一人一人が持っている花の色に咲き乱れて欲しい、そしてその花からできた種を次世代に残していかなければならないと思っております。

そして、「One for all ,all for one 一人は皆(みんな)の為に、皆(みんな)は一つの目的の為に」これこそが今の青年部、また自企業に必要ではないかと思っております。
私は皆の為に何ができるのであろう、地域の為に何が出来るのだろう、それを考えた結果、皆が輝ける場所にし、そして皆と一つの目的のために地域活動をしたいと思っております。

今年度は、メディアにも取り上げて頂けるような事業も行っていきたいと思っております。
我々は青年経済人でもあり、地域の為に活動を行う団体でもあります。
この土浦に名もなきヒーローである事もいいかもしれません。
しかし、我々が輝ける場所、そして地域の方達にも青年部がどういう団体かを知ってもらう必要があるのではないかと思います。
そして、その力こそが「地域経済の成長エンジン」になっていくものだと思っております。

商工会議所青年部がこの土浦という地で、経済効果をどう築き上げていくか、我々は担っております。
そして、地域の未来、次世代の子供達が住みやすいまちづくりにも貢献して参りたいと思います。

今年度は6名の副会長と9つの委員会を設けました。
行政との連携、そしてこの地域がより良くなる為の提言活動、魅力あるまちづくり、研修、地域を超えた交流、ビジネスメリットの創出、我々にとって最も大事な事であります。地域の発展なくては自企業の発展は無いと思います。

そして、2021年には、日本全国から約1500人の若き青年経済人達がこの土浦の地で、全国会長研修会を開催する予定となっております。
会長研修会とは、地域青年経済人として先導する組織の役割を担う単会会長、そして次年度単会会長予定者が資質の向上、意識の高揚を図り、それぞれの課題について意見交換をし、研修する場でもあります。
この土浦での開催をすることは大変すばらしい事でもあります。
我々はその貴重な体験を目の当たりにする、それこそが、青年部に入っているから体験できる事だと思っております。
この事業を成功するには皆様の協力が必要とされます。その為には我々が行う事業一つ一つを真剣に取り組み、この一年間を成功に導かなければなりません。
今年度、新たなステージを迎え、これからの土浦商工会議所青年部が5年後10年後のビジョンを、青年部の仲間達一丸となって共に素晴らしい事業を創りあげていきたいと思っておりますので皆様宜しくお願い致します。

TEL 029-822-0391 〒300-0043茨城県土浦市中央2-2-16

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 土浦商工会議所青年部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.