会長所信

令和3年度土浦商工会議所青年部スローガン

Change & Challenge ~ 変革と挑戦の1年に!次代への新たな飛躍を求めて ~

令和3年度 会長 宇田川 仁英
令和3年度 会長 宇田川 仁英

令和3年度会長
宇田川 仁英

会長所信

 令和3年度土浦商工会議所青年部(以下、土浦YEG)第23代目の会長を務めさせて頂く事になりました。歴史ある土浦YEGの会長のバトンを引き継ぎ、大変光栄に思うと共にその責任の重さに身の引き締まる思いであります。
 土浦YEGは地域商工業の総合的な発展、また企業経営者としての資質の向上に努めることを目的として設立され、2021年で38年目を迎えます。先輩方の取り組んでこられた活動が土浦という街に必要とされ、多くの方々のご理解とご支援をいただけたからこそ刻むことができた大切な歴史です。
 時代は土浦YEGが誕生した昭和から平成、そして令和となり、その移り変わりとともに私たちも環境の変化に対応するべく進化を求められています。今後も土浦YEGが地域社会から必要とされる団体であり続けるため、今の時代に順応した事業を創出し、地域の経済的発展と豊かで住みよい郷土づくりに貢献してまいります。

 令和3年度のスローガンは、「Change & Challenge ~変革と挑戦の1年に!次代への新たな飛躍を求めて~」といたしました。Changeには、ポストコロナ時代を迎えYEGの事業や活動のあり方を変革しなければとの想いを、Challengeには、来たる「日本商工会議所青年部第39回全国会長研修会 山紫水明の地茨城つちうら会議」の成功に向け、土浦YEGが一丸となって挑もうとの気概を込めました。

~ 変革 ~

 昨年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、前例のない変化の大きい年となりました。1年前には、一つのウイルスがこれほど大きな社会変容をもたらすことになるとは思いもしませんでしたが、今も感染の拡大が続いており、世界経済にも大きな打撃となっています。これまで当たり前だと思っていた日常生活が一変し、人と人との接触や移動の自由が制限される中、土浦YEGも運営方法を模索した1年でありました。
 そのような中、令和3年度はポストコロナ時代の新しいライフスタイルを前提とした運営をしていかなければならないと考えております。会議形態は常時オンラインを取り入れたハイブリット型とし、YEG活動の意義の1つである交流・親睦についても、感染防止を最優先に考え一層の工夫をしてまいります。

~ 挑戦 ~

 そして、いよいよ今年度は日本YEGの3大事業の1つ「日本商工会議所青年部第39回全国会長研修会 山紫水明の地茨城つちうら会議」がこの土浦の地で開催されます。全国各地から単会会長をはじめ多くのYEGメンバーが集い、地域を支える青年経済人としての資質向上と当面する課題についての意見交換や交流が行われる一大事業となります。まさしく土浦YEGの全メンバーが想いを一つにし、一丸となって取り組まなければ成し得ません。
 当日を迎えるまでには、様々な難題に直面すると思います。時には喧々諤々の議論をすることもあるかもしれません。しかし、それらの生みの苦しみを乗り越え全国会長研修会を成功させた暁には、全員で大いなる達成感と充実感を共有できるに違いありません。そして、そこで得た経験と自信を糧に土浦YEGはさらに飛躍していくものと確信しております。

 最後に、私のYEG歴はそれほど長いものではありませんが、私なりの知識と経験を以って、土浦YEGひいては土浦という街のお役に立てるよう精進してまいります。1年間一生懸命務めさせていただきますので、メンバーの皆様をはじめ、多くの関係各位のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。